第31回ユース・ボランティア・リーダーズ・フォーラム

第31回ユースボランティア・リーダーズフォーラム速報

               実行委員長 長津徹(東京サンライズ)

 

9月7日(金)から9日まで東京YMCA山中湖センターで実施されたフォーラムの速報です。
7日は東京駅に集合し、14時半スタッフ・参加者を乗せたチャーターバスで出発。バス内ではワイズ2名も含め自己紹介、フォーラムに対する意気込みの発表の後、グループごと初めてあう顔ぶれでのチームビルディングなどのプログラムで、山中湖センターには16時40分頃無事到着した。開会式ではワイズスピーチが東日本区書記の板村メンよりあり、ワイズの概要やユースに対する希望などが話された。
1日目の夜はレクホールでのゲームナイト、ワイズも一緒に汗をかいた。
2日目朝食後、山口直樹メンによる基調講演。「今リーダーに求められること」と題してボーイズ、リーダー、スタッフ、ワイズと様々な経験から得たスピーチがされた。お昼はワイズメン一同でワイズカレーの用意。2時間かけてバーベキュー場で薪を焚き大鍋で全員分のカレーを作り、提供した。ワイズメンもグループに加わり、食事しながら一緒に語り合う機会となった。天気にも恵まれ、メンバー達はビッグカヌーに興じていた。しかし夜は悪天のため、屋外でのキャンプファイヤーは室内でのキャンドルファイヤーとなり、ワイズも一緒にゲームを楽しんだ。
3日目は聖日礼拝、衣笠メンにより「つながり そして よくなってゆく」という今のYMCAリーダーにはぴったりの話がされた。朝食後フォーラムのまとめがグループごとに発表され、昼食後レポートの提出や交通費の精算、閉会式と滞りなく進み、帰途についた。帰りの高速で渋滞があったものの、18時過ぎに東京駅に無事到着し解散となった。
参加メンバー32、スタッフ・カウンセラー10、ワイズ32名、合計72名。
詳しくは今後配布される報告書を参照されたい。