ワイズメンズクラブ国際協会

ワイズメンズクラブは、青少年育成団体である「YMCA」の活動を支援することを第一の目的として、地域・国際社会に奉仕する国際的なボランティア団体です。

東日本区大会のご案内

下記のアドレスにて、東日本区大会の特設HPを開設いたしましたので
ご覧下さいませ。

http://www.global-ad.jp/ys-east21/

なお、大会登録は、こちらのHPからも可能となっております。
東日本区HPへのリンク等も、今後、順次行う予定です。
皆様、よろしくご支援のほどお願い申し上げます。

沼津クラブ
東日本区大会実行委員長 大村貴之

2017-18 理事方針

理事主題
「広げよう ワイズの仲間」
(Extension  Membership & Conservation)
スローガン
「楽しくなければ ワイズじゃない 積極参加で 実りある奉仕」
(Joyful life through Y’sdom  Service with Positive action)

 

東日本区理事 栗本 治郎(熱海)

 

東日本区は1997年の発足時に会員数1246名でスタートしましたが、毎年のように会員の減少と共に高齢化が進みました。クラブの平均会員数も1997年時には、約21名でしたが現在は約15名です。このことは日本における少子化と同じくワイズにとっての一番の問題点です。そこで、今期の理事方針を「広げよう ワイズの仲間」とし、英語表示をズバリ「E・M・C」と致しました。
会員の一人一人が会員増強の意識を強く持ち、新会員候補の発掘・推薦を心掛け、15名以下のクラブは会員数20名を目指し、また、部にエクステンション委員会を設置し、積極的に新クラブ設立に取り組む体制を作りたいと思います。

基本方針
部の強化・活性化
部の活動を強化し、部長・主査が主体的に活動し部の活性化を図る。
部長のリーダーシップの下、主査は委員会を設け、一人委員会でない実効性のある、充実した部の活動を目指すと共にクラブ間交流を深める。部会・研修会の充実を図る。
YMCAとの協働
ワイズメンのYMCA会員率100%を目指す。(クラブ単位での納入を検討)
YMCAとの協力関係の中でエクステンションを検討する。
各事業の目標
1.会員増強事業
〇部にエクステンション委員会を設置する。(複数年で取り組む体制)
〇例会出席率の向上を目指す。(プログラムの充実)
○クラブの会員数20名を目指すと共に、理想的な会員数とされる30~40名を目標とする。
2.地域奉仕事業
〇地域における知名度を高めるCS事業を推進し、「入会したいクラブ」を目指す。
〇所属YMCAとの相互理解と協働プログラムを推進する。
3.国際・交流事業
〇IBC・DBCの交流を推進する。
〇各献金の目標を達成する。
4.ユース事業
〇次世代のワイズとYMCAを担う若者を育成する。
5.メネット事業
〇メネット活動の活性化を推進する。

 

2017年ー2018年東日本区理事方針.docx
Microsoft Word 24.1 KB

New!!!

理事通信

2018年

5月

01日

2017-18 理事通信 第11号

2017-18 理事通信 第11号を掲載いたしました。

 

ここからダウンロードしてご覧ください。

0 コメント

ユースに社会問題を考え行動を起こすためのプログラムを上記のとおり開催します。多くのワイズメンの参加もお願いいたします。

第7回オープン・フォーラム・Y.pdf
PDFファイル 151.1 KB

次期会長研修会開催

次期会長研修会集合写真(20180303).jpg
JPEGファイル 7.3 MB

お知らせ

2018年

3月

14日

八王子クラブ コンサート御礼

東京八王子クラブ、地雷廃絶運動と東日本大震災復興支援をともに応援する東京八王子クラブの第20回チャリティーコンサートを3月10日(土)に感謝をもって終えることが出来ました。
沢山のチケットをご購入いただきまして、また、貴重なお時間にコンサート会場まで足を運んで頂きお聴きくださって、本当に有難うございました。
当日は、JCBL(地雷廃絶日本キャンペーン)より幸坂氏のお話と、上田亜紀子ジャズグループswing,swing,swingのメンバーにより古き良き時代に浸る楽しい曲の演奏をして頂き、まさに客席がswingしているようでした。

3日の街頭募金と当日の会場内募金が合わせて、約114,015円もありました。これにチケット代、ご寄付を含めた総額から経費を除いた全額を二つに分けます。
今年は20回を迎えましたが、これからも私どもは「地雷廃絶運動」と「東日本復興」をずっと見守っていきます。よろしく応援して下さい。
本当にこれまで有難うございました。

 

小口多津子(東京八王子クラブ会長)

久保田貞視(実行委員長)

区報

区報第3号を発行いたしました。

ダウンロードしてご覧ください。

 

ダウンロード先へリンク

東日本区ニュース

2015年

7月

01日

14-15 東日本区ニュース 第18回東日本区大会特集号

2014-15東日本区ニュース第13号(理事通信第13号)を掲載いたしました。第18回東日本区大会の特集号です。

 

こちらからダウンロードしてください。


皆様のご協力を!

ガザYMCA支援ちらし第2報.pdf
PDFファイル 464.3 KB
フィリピン募金のお願い.pdf
PDFファイル 315.4 KB

事業通信

2017年

9月

11日

第30回ユースボランティアリーダーズフォーラム

2017年9月8日~10日、東京YMCA山中湖センターにて東京YMCA西東京コミュニティーセンター主管で第30回ユースボランティアリーダーズフォーラムが開催されました。ユースボランティアリーダーズフォーラムはリーダー歴が2年以内の経験の浅いリーダーを対象に野外活動の場を通して、「今、リーダーに求められること」を普遍のテーマとして行われているトレーニングキャンプです。一日目のチームビルディング、二日目の基調講演、グループタイム、三日目のグループ発表と続くプログラムです。ワイズメンズクラブでは、各クラブのご協力による資金提供に加え、初日の栗本理事、長津ユース事業主任のワイズスピーチ、二日目の手作りカレー、三日目の閉会式まで多くのサポートを行いました。

開催概要は次の通りです。

参加ユース:31名

北海道YMCA:2名

仙台YMCA:1名

とちぎYMCA:3名

ぐんまYMCA:4名

埼玉YMCA:2名

千葉YMCA:1名

東京YMCA:9名

横浜YMCA:9名

参加カウンセラー:5名(グループのリーダーとして一緒に活動する社会人リーダー)

基調講演:神崎清一氏(日本YMCA同盟総主事・東京西クラブ)

事務局:3名、引率:1名(横浜YMCA)

ワイズメン:のべ30名

続きを読む

2017年

8月

01日

YVLF

2017年9月8日~10日に第30回ユース・ボランティア・リーダーズ・フォーラムが東京YMCA山中湖センターにて開催されます。

ぜひ数多くのワイズメンの皆さんにご参加いただき、リーダー経験のまだ浅いユースとの交流をお楽しみください。それぞれの夜にはワイズメンだけの意見交換会が予定されています。

リンクから案内文・申込書をダウンロードしてお申し込みください。

 

ダウンロード

行事ニュース

2018年

4月

25日

協賛「ZEROマラリア2030キャンペーン2018 狂言「蚊相撲」と日本のマラリア」開催

約230名の参加者をお迎えし、大成功のうちに閉幕
 
 ★ 2018年4月25日 世界マラリアデーイベント企画  (参加費 無料) ★
 【ZEROマラリア2030キャンペーン2018 狂言「蚊相撲」と日本のマラリア】
 ◆日時:2018年4月25日(水)17:30~19:20(開場:17:00)
 ◆主催:ZEROマラリア2030キャンペーン(事務局:認定NPO法人Malaria No More Japan)
 ◆共催:上智大学
 ◆後援:朝日新聞社/株式会社電通/UNICEF東京事務所/UNDP駐日代表事務所/ワイズメンズクラブ国際協会東日本区・西日本区
 ◆会場:上智大学 四谷キャンパス2号館17階 国際会議場
 ◆出演者・登壇者:(アイウエオ順、敬称略)
 植木安弘 (上智大学 国際協力人材育成センター所長、総合グローバル学部教授)
 大藏基誠(能楽師狂言方)
 狩野繁之(国立研究開発法人国立国際医療研究センター研究所 熱帯医学・マラリア研究部長/Malaria No More Japan理事)
 柏倉美保子(ビル&メリンダ ゲイツ財団 日本代表)
 近藤哲生(国連開発計画(UNDP)駐日代表)
 武井弥生(上智大学総合人間科学部看護学科准教授)
 石田一郎(朝日新聞社マーケティング本部長)
 
 4月25日の世界マラリアデーのイベント開催に向け、ワイズメンズクラブ国際協会東日本区・西日本区は【ZEROマラリア2030キャンペーン2018 狂言「蚊相撲」と日本のマラリア】の後援を行いました。本キャンペーンの主催・事務局は、認定NPO法人Malaria No More Japan(MNMJ)というマラリアの撲滅に特化した団体ですが、今回のイベントには、多くのワイズが連携・協力しました。
 当日は、展示物の設置、配布資料セット作りと配布、資料の作成補助、会場内椅子の追加、参加者誘導案内、VIP懇親会誘導案内、終了後の会場内外の撤収整理補助等を行いました。
 おかげさまで、約230人の参加者をお迎えし、大成功のうちに幕を閉じ、翌26日には朝日新聞の朝刊で報告記事が掲載されました。
 イベント内容を振り返りますと、オープニングは、本キャンペーン事務局・MNMJ理事の長島美紀氏の司会進行で始まり、マラリアの概要紹介と日本におけるマラリアの歴史を説明されたのは、第20回東新部部大会でもマラリア蚊の生態を解説していただいた狩野繁之氏です。
 冒頭はクイズから始まり、マラリアはウィルスか、細菌か、寄生虫か。答えは寄生虫の原虫ですが、2016年の統計では2分に一人がマラリアで命を落としているとのこと。マラリアに罹患した人は2.1億人、死亡した人は44万5千人で、その91%はアフリカのサハラ砂漠以南の地域であり、それは今でもそのままだそうです。
 日本では瘧(おこり)といい、源氏物語にも登場、平清盛の死因といわれています。1961年には撲滅されましたが、その歴史的な流れを詳しくご説明いただきました。続く、ゼロマラリア賞2018の表彰では、桂歌助氏(落語家)が受賞されました。
 この後、大蔵基誠氏による狂言「蚊相撲」が演じられました。人間になった蚊が相手の血を吸おうと相撲をとる奇想天外の興味深い内容。
 最後のトークセッションでは「ゼロマラリア達成のための日本社会の役割」と題し、スピーカーはビル&リンダ・ゲイツ財団日本代表柏倉美保子氏、国連開発計画駐日代表近藤哲生氏、上智大学看護科准教授武井弥生氏。モデレーターは朝日新聞の石田一郎氏でした。
発展途上国が多いマラリア感染地区の予防と治療の薬の開発には資金が足りない現状をお話しいただきましたが、ビル&リンダ・ゲイツ財団では年間5000億円を拠出。その一部からは、マラリア蚊が増殖できないような遺伝子操作研究にも資金援助をしているとのことでした。
 参加者は上智大学の学生も含めて約230名、そのうちワイズメンは26名でした。西日本区からも大野勉理事、吉田由美地域奉仕・環境事業主任も参加されました。
 ご承知のように、当協会としては、WHO(世界保健機関)が進めているプロジェクトでもあるRBM(ロールバックマラリア/マラリア撲滅キャンペーン)を2008年秋から取り上げており、UGP(ワイズメンクラブ国際協会の国際レベルの統一5ヵ年事業)となった現在では、この取り組みは2020年までの継続プロジェクトとなっています(『YMIWORLD』の17/18 No3号はRBMの特集)。
 来年の世界マラリアデーでは、さらにワイズの活躍が期待されています。皆さまの引き続きのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

【MNMJによる詳細報告は以下を参照】
[REPORT]2018年4月25日世界マラリアデーイベント企画「 ZEROマラリア2030キャンペーン2018 狂言「蚊相撲」と日本のマラリア」

http://zero2030.org/blog/article/138

続きを読む

2018年

4月

07日

第3回東日本区役員会開催

2017-18年度第3回東日本区役員会が4月7日8日の二日間に渡って、熱海聚楽ホテル月の栖を会場に開催されました。初日の報告、二日目の議案審議と熱心な議論がなされました。二日目の午後はMOA美術館のエクスカーションも組まれ充実したものでした。

2018年

3月

12日

「第8回 障がい者フライングディスク大会in郡内」へ参加協力のお願い

富士五湖ワイズメンズクラブでは、地域奉仕活動の一環として
「第8回 障害者フライングディスク大会in郡内」

を下記要綱において開催いたします。
フライングディスクは、安全性が高く、誰でも手軽に、その方に応じて楽しんでいただけます。「全国障害者スポーツ大会」でも正式種目として採用され、愛好者も年々増加しています。本大会は、障害のある方が日々の練習の成果を発揮する場と各地の自立支援施設の交流の場として、充実した生活の一助に、また社会参加の一歩となることを願い開催しております。他クラブから応援を得ておりますが、年々参加者が増えてきており、バンザイ隊・召集係などに人員不足が否めません。出来ましたら、ぜひ富士五湖においで頂き、ご協力を頂ければ助かります。
尚、昼食後には、当クラブがバリアフリー化を進めております、パインズパーク内の遊歩道の草刈りや枝拾いなどの作業をします。出来ましたら、ワイズの皆様にはお付き合い頂けると嬉しい限りです。

日 時;2018年4月28日(土) 午前9時~午後2時
場 所;富士吉田市パインズパーク芝生広場 富士吉田市上吉田5329-2
TEL 0555-24-0292(管理事務所)
雨天時:青少年センター 赤い屋根 富士吉田市上吉田4433-1
TEL 0555-23-7252
参加費;1000円(弁当、飲み物代)

連絡先;富士五湖ワイズメンズクラブ 事務局 後藤
    Email  ag1263@olive.ocn.ne.jp  
*お弁当の都合がありますので必ず申込みをお願いします。

 

続きを読む

2017年

7月

21日

AYC_News01

アジア太平洋地域ユースコンボケーションが始まりました。
ワイズメンの皆様のご支援で7人のユースが東日本区から参加しています。

東日本区以外からは、西日本区4人、台湾10人、マレーシア5人、タイ7人、韓国1人で総勢35人が交流と学びの時間を持っています。
引き続き、ご支援をお願いいたします。

続きを読む

2017年

3月

04日

次期会長研修会が開催されました。

次期クラブ会長・部役員研修会無事終了
さる3/4(土)~5(日)、次期クラブ会長・部役員研修会がYMCA東山荘で開催しました。
次期クラブ会長、次期部役員はじめ、次期東日本区役員、現区役員、オブザーバーも含め総勢107名が参加し、1泊2日の研修を熱心に取り組みました。次期理事栗本治郎ワイズの強調主題が「EMC」であることを受けて、研修Ⅱでは、「広げようワイズの仲間~EMC」をテーマに、パネルディスカッションが行われた。パネリストは、新クラブ設立に関わった、石巻広域クラブの日野峻ワイズ、東京多摩みなみクラブの伊藤幾夫ワイズ、また、会員増強に顕著な働きのあった、伊東クラブの榎本博ワイズと御殿場クラブの前原末子ワイズの4名が務めました。会員の高齢化、減少化の傾向に対して、いかに歯止めをかけたらよいかを真剣に議論し合いました。EMCについては、夕食懇談会でも熱心な議論が交わされました。会員一人ひとりが「ワイズの将来」に危機感を抱いていることが伺えました。2日間にわたりタイトなプログラムでしたが、参加ワイズの熱心さが感じられた研修会でした。ここで学んだこと、感じたことを、各部、各クラブで共有して、実践に移されることを期待しています。参加者のみなさんお疲れ様でした。日曜礼拝献金で東日本大震災・熊本地震復興のために52,000円が寄せられました。また、田中博之ワイズの計らいで、集合写真売上代金33,100円を「東山荘100年募金」に贈呈しましたことをお知らせしておきます。           

        東日本区LT委員長 伊藤幾夫(東京多摩みなみクラブ)

「続きを読む」から写真をご覧ください

続きを読む

クラブニュース

2017年

9月

17日

TokyoGreen 45thAnniversary

東京グリーンクラブは去る2013年3月23日に設立40周年を迎え、
多数の皆様のご参加を賜り盛大な記念会を持つことが出来ました。
改めて御礼申し上げます。
今般、半世紀50周年に向かう中間点ですが、クラブの状況を鑑み、
現段階で再度クラブの基礎を固め、会員増強を計る起爆剤として
有効なイベントになると判断し、急遽、2018年3月21日(祝・水)
に設立45周年記念例会を企画することになりました。
記念会へのご出席のお願いなど詳細は再度「第2報」として改めて
皆様にお知らせする予定でおります。まずは「第1報」、期日・会場
・講演等の予定をご案内いたしますので是非、ご検討を賜れば幸いです。

45周年第1報.pdf
PDFファイル 228.0 KB

2017年

9月

04日

長野クラブ夏の活動

長野クラブ夏の活動.pdf
PDFファイル 2.4 MB