常任役員

東日本区理事 宮内 友弥(東京武蔵野多摩)

 

理事として本年度1年間皆様とご一緒に東日本区の運営を担っていくことになりますのでご支援、ご協力の程よろしくお願いいたします。
ワイズ運動はトップダウンでは動かない−各部、各クラブの活動が主体であります。受動的にワイズに期待して待つのではなく、能動的に探しに行く、自ら求めることが肝要です。個々のクラブ、メンバーの方にその気になって頂かなければ、ワイズ運動の活性化はあり得ません。メンバーの方は、キャリアーに裏打ちされたそれぞれの価値観を持っておられます。ただ唯一共通するのは、「ワイズメンズクラブの理念に共感し、より良い社会にするために尽くしたい」と思っておられる方々の集まりと言うことです。その方々の力を引出し良い働きをしていただかなければなりません。その為にどうすれば良いか?行き着いたのが、サーバントリーダーシップと言う考え方です。いわゆる牽引型のリーダーシップではなく、目標に向かって邁進する仲間を支援するリーダーシップのこと。「仲間を支えるためにリーダーは存在する」が私の志向するサーバントリーダーシップです。サーバントリーダーシップのあり方は、トップダウンの一方通行ではなく、対話型のリーダーシップであると言うこともできます。

『為せば、なる』期待を込めて
直前理事 栗本治郎(熱海)

 

昨年の川越での第20回東日本区大会の引継ぎ式で、多くの抱負と期待を込めて『広げよう ワイズの仲間』を主題に掲げて、1クラブ2名の新会員の獲得、20名以上のクラブを目指すこと、また部にエクステンション委員会を設置し、新クラブ設立の機運を高めるとする等の理事所信表明を致しました。会員減少を打破してワイズを元気にしたいとの思いでした。残念ながら、十分な成果を上げることは出来ませんでした。然しながら、会員増強への思いは、多くの会員の皆様が強くされたことと思います。また、部エクステンション委員会は、全ての部でスタート致しました。2年目3年目には、必ず新クラブが誕生してくるものと期待しております。
宮内理事の掲げる『為せば、成る』を主題とした新年度がスタート致します。宮内キャビネット並びに各事業主任とも実力者が揃っております。私もトロイカの一員として、達成できなかったことを含めて、宮内理事の目標が成し遂げられますように、微力ながらサポート致します。為せば、成る!

熱い心と、冷めた頭脳をもって
次期理事 山田敏明(十勝)

 

 今年度、次期理事として、魅力ある宮内友弥理事を支え、最高の形でバトンを受け継ぎたいと思います。常に「熱い心と、冷めた頭脳をもって」、歴史あるワイズダム推進と会員のより良い交流を心掛け、東日本区の発展に力を注ぎます。次期キャビネットを中心に、次年度の目標や計画策定に努め、より分かりやすい事業展開を目指します。
 また、2019年7月19~21日に開催される第28回アジア太平洋地域大会の実行委員長としての責務を全うする為、プログラムを充実し、また全国を駆け巡り、アピールに努め、また皆さんが何かを感じ、次に進める、そして行動に繫がる大会にしたいと思います。
 ワイズの目指すのは、「継続は力なり」です。東日本区の全メンバーとのキャッチボールを通して、より良いワイズライフを楽しみましょう。

書記、頑張ります
書記 板村哲也(東京武蔵野多摩)

 

クラブ入会後まもなく、僭越にもワイズという伝統ある組織、巨大な組織を相手に「変化」や「改革」の必要性を叫び、併せ自分達でできることはどんどん変えて行こうと目標を掲げました。これまでにできたことはごく僅かですが、このスタンスと所信は自分の立場やステイタスに関係なく今後も維持して行きます。
任意団体のワイズはトップダウンの指揮命令や強制力で動く組織ではないと理解しています。メンバー全員が主体的、能動的に動かなければならない。これはワイズの存続に関わる根幹的なことと思います。これを肝に銘じて、東日本区運営のお手伝いをさせて頂きます。
書記の立場上、皆さまにお願いしますことが多々有りますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。書記、頑張ります。

着実に歩むために
会計 長谷川あや子(東京八王子)
   
東日本区会計を仰せつかり、緊張感でいっぱいです。微力ですが全力を尽くしますのでどうぞよろしくお願いたします。ワイズダムの発展のために使うべきところは惜しみなく使いたいものです。そのためにも日頃からクラブ、部、東日本区の会計に関心を寄せて頂きたいと思います。東日本区が着実に歩むために、活動の経済的基盤となります区費の送金など締切日を守って下さいますようお願いいたします。
今年度も各種献金、YVLF負担金は部会計に送金して下さい。部長と部会計、クラブ会長とクラブ会計は緊密に連絡を取り状況を把握して下さい。なお、今年度から今まで特別会計だったロースター広告掲載代、ユース活動参加費、YVLF負担金は経常会計に計上されます。ユース活動に一層のご理解とご協力をお願いいたします。

宮内理事と共に
副書記 山口直樹(東京武蔵野多摩)

 

新しい定款により設けられた「副書記」をさせていただきます幻の事務局長こと山口です。今年度から理事事務局が廃止されたことに伴い、理事が必要とした場合に置くことができる新しい職です。
実際には、宮内理事の意向を受け、板村書記のサポートとして区事務所との連携を強化しながら働いてまいります。また、各クラブ、各部と理事キャビネットのパイプ役として動きます。
また、各クラブ・各部が少しでも活動しやすい状態を作ること、会長・部長・クラブや部の役員になられた方が十分力を発揮できるように下支えをしたいと思います。
この一年、ワイズとYが素晴らしい働きをできるように頑張ります。